忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

きんモザごちうさで格付け part14(終了)


最後に、リゼが挑戦

A

リゼ「うむ…なるほどな。」

B

リゼ「おお~なんかひっかかるがなかなか良い味だ。」

リゼの答えは・・・。


リゼ「Aだな!こっちの方が深みがある。」

リゼ、Aの部屋へ

マヤ「やったぁーーーー!」

穂乃花「よかったわああああああ!」

カレン「ええっ!」

綾「もうだめだーっ」

千夜「もおーっ。ダメ・・・。」

野原一家は

A

ひろし「はあーっ、うまいっ!。」

みさえ「えー、なんかしつこくない?」

しんのすけ「うーん、この柔らかさとこの脂身、たまりませんなぁー。」

B

ひろし「うん、わかったよ。」

みさえ「おーっ、おいしーい。」

しんのすけ「あはははははは、こっちもうまいゾー」

出した答えは

ひろし A みさえ B しんのすけ B

みさえ「えーっ、こっちの方がおいしかったわー」

ひろし「そうか?、こっちの方が脂がのってて味が深くていい肉かなぁと・・。」

正解はA

みさえ「うわああああああああああああああああ。」


しんのすけ「うわああああああああああああああああ!」

ひろし「ほーらなっ。いい肉ってものは脂がのっててジューシーだろ。」

結果発表

ひろし「さあー、お待たせいたしました。今から開けさせていただきます。」

A

リゼ「たのむー・・。」

穂乃花「おねがい・・。」

B

千夜「奇跡起きて・・。」←もう消えます

綾「お願い・・。」←もう消えます

Aの扉ガチャッ

ひろし「おめでとうございまーすっ」

マヤ「やったああああああー。」

リゼ「まぁ当然だ。」

穂乃花「よかったぁー、消えなくて。」

B

綾「ええっ!」(ぽかん)←消滅

千夜「ああっ・・。」(ぽかん)←消滅

ひろし「いやあーっ。よかったですねーっ。」

穂乃花「ほんと・・・、きえたらどうしようって・・・。」

マヤ「いやぁ、ひやっとしたよー。」

ひろし「ほらっ、みてっ。いなくなってるーっ。」

綾(透明)「あのー。私どうなってるんですかー」

千夜(透明)「えっ・・・、えっ・・・。」

カレン「ホントにいなくなってるデス・・・。」

穂乃花「ホントに消えるんですね・・。」

リゼ「良くできた細工だなぁ。」

待機している人たち・・。

忍「やったーっ」

シャロ「さすが先輩ですっ!」

陽子「なんでだよーっ。」(ぽかん)←消滅

ココア「千夜ちゃーん!!」(ぽかん)←消滅

チノ「はあっ・・・。どうしようもないですね」

メグ「よかったね。」

ひろし「さーて、すべてのチェックが終了しましたーっ。一流美少女は・・・いないのかよ。」

みさえ「まぁきえないだけ・・・。先輩と後輩さん惜しかったわね・・・。」

リゼ「まぁ、一流は甘くなかったって事だな」

シャロ「私のせいで・・・。」

しんのすけ「まぁまぁ、ここで踏みとどまれたんだシー。」

ひろし「そして、チマメ達は二流ですかーっ。」

メグ「ああ、恥ずかしい・・。」

チノ「私たちはまだ未熟です・・・。」

マヤ「まぁでも、ここで踏みとどまったんだから!」

ひろし「チーム最年少ながら検討していただきました。」

しんのすけ「・・って、イギリスの二人は三流なんだ。」

カレン「違いマース、ハーフデース」

しんのすけ「どっちでもいいゾ」

アリス「しょうがないよ。まだまだ日本の文化を知り尽くしてないんだし・・・。」

しんのすけ「じゃあ、これから日本の文化を学んで行きなさい。」

アリス「はあーい。」

みさえ「それで・・、消えた奴ら、どうしよ。」

ココア「えーっチノちゃんギューってしてるのにうつってないの!」

チノ「感触も感じません・・・。」

ひろし「とりあえずこの会場出たらまたうつるようになるから、反省してちょうだい。」

しんのすけ「まぁ、コレに懲りずに、ゆるふわーっと過ごしてくださいな。」

みんな「はーいっ。」

ひろし「というわけで、きらら格付けチェック!。これにて終了でーす。ありがとうございましたーっ。」



はい、途中ものすごい間が開いてしまいました()。毎年この企画はやりたいと思っておりますが・・・。まぁどうなりますかね?

次回のネタは何も考えてませんが、何かあればまたやっていくつもりです。
PR