忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

にこにーストーリー 第五章

第五章 渋沢と真姫パパ

町田駅

ボカッ

げんこつでにこを殴った。

にこ「うう・・。」

渋沢「まだたりねぇ。さらにこうだっ」

???「やめなさいっ!!」






渋沢「誰だテメェっ!」

穂乃果「にこちゃんっ!、傷が・・。」

桜「女子を殴るなんて・・。」

にこ「穂乃果・・・。あんた・・。」

穂乃果「同級生だった桜ちゃんとショッピングしてたんだけど・・。」

桜「んで、あんたどうして殴ったのよ!」

渋沢「こいつは俺の彼女に悪影響を与える悪女だ。医者になる彼女にこんなフリーターで馬鹿そうでちびで幼稚な奴と遊んでたら真姫様がかわいそうだ。だからかまうなといってるのだっ。」

桜「ふん。意味がわからなさすぎるし大体そんな証拠どこにも・・」

穂乃果「にこちゃんはそんな人じゃないよ・・。それに真姫ちゃんも・・」

渋沢「はあっ!。おまえらまでこのクソ悪女の肩持つのかっ!」

桜「あんたの方がよっぽど悪だと思うわっ!!。」

穂乃果「真姫ちゃんが可愛そうだよ・・。」

4番ホームから 各駅停車 新宿行きが・・

渋沢「うっ、うるせーなこのブス共がっ!。かえるぞっ。」

ピンポー・・

渋沢「あうっ・・。」ドアに挟まれる

桜「なーにあれっ。信じられない。」

にこ「・・・・。」

穂乃果「にこちゃん?、怪我はないの?」

にこ「・・・、なんとか・・。」

桜「でも・・、結構痣出来てますね・・・。」

にこ「もう・・、真姫ちゃんと、遊んだせいで・・。」

穂乃果「そんな・・あんな仲よさそうだったじゃない・・。」

にこ「真姫ちゃんのパパから・・お前みたいな奴と真姫が友達とか悪影響だとかいってきて・・・私そうなのかなぁって・・。」

桜「なにそれ、ただのモンペじゃん」

穂乃果「真姫ちゃんはにこちゃんといると、笑ってた・・。μ`sにいたときから一緒だったからわかるよ。だから・・絶対真姫ちゃん本人が迷惑してたなんて思わないんだ・・。」

にこ「あんたはのんきだからそんなこといえるのよ・・。真姫ちゃん実は迷惑そうかなぁって思ってた・・。」

穂乃果「そんなことない!。じゃあ、あのとき穂乃果を引っ張ってくれた人は誰なの!。」

にこ「ううっ・・。」

桜「まぁまぁ・・。ここで話すのも何だから・・。お客さんも沢山いるし・・。」

穂乃果「そっ・・、そうだよね。時間アルなら私の家こない?。電車ですぐつくし」

にこ「そうね・・。せっかく出しお邪魔しようかしら。」

今、穂乃果のアパートは現在新百合ヶ丘駅の近くになっている。本人曰く地名が可愛いからと言うのと、会社にも実家にも雪穂の家にも行きやすいかららしい。なお、穂むらが再開発事業と売り上げの減少によりつぶれてからは、穂乃果の両親は都心のようなごみごみしたところを離れたいと思い、相模原市内に引っ越している。雪穂は大学の関係で多摩センターに下宿していたが、就職後もそこで暮らすことになったそうだ。

穂乃果 アパート

穂乃果「さあさあっ、何もないけど・・。」

にこ「いいわよっ。そんなの」

桜「なんで私も・・?」

穂乃果「いいじゃんみんないたほうが楽しいんだし。」

にこ「まぁ・・、んで、穂乃果はなにが言いたいのよ」

穂乃果「決まってるじゃん、真姫ちゃんはあんな男と一緒でいいのかってききたかっただけだよ。」

にこ「いいんじゃないの・・。真姫ちゃんのことは大事そうだし・・。」

桜「それはないと思うわ。あいつ、どうみてもウザイ奴よ。本人だってホントは迷惑なんじゃないの?」

にこ「そんなことは・・。」

穂乃果「そうだよ。真姫ちゃんはきっと無理矢理つきあわされてるんだよ!。早く真姫ちゃんを解放してあげないと!」

にこ「まだそうと決まった訳じゃ・・。」

穂乃果「じゃあ、私から真姫ちゃんに連絡取ってみるよ!」

にこ「・・・、どうかしら。私、真姫ちゃんのパパに無理矢理携帯取り上げられて連絡先消されちゃったんだ・・。真姫ちゃんも、きっと・・。」

桜「ひどっ・・。もはや恐喝以上よ。」

穂乃果「でも・・、そうと決まった訳じゃないから・・。とりあえず後で電話かけてみるね。」

にこ「そう、無駄だとは思うけど。」

穂乃果「そんなことは・・。」

桜「当たって砕けろ。ね。」

穂乃果「うん!」

そして、電話をかける・・。

穂乃果「ただいま電源はいってませんだって・・。」

桜「そう・・。なかなかうまくいきそうにないわね。」

にこ「やっぱり・・。」

穂乃果「とにかく、出来る限りのことはしてみよう。そして、真姫ちゃんを救い出そう!」

桜「そうね。真姫ちゃんもその方がいいに決まってるわ。」

にこ「・・。うん。」

そのころ。

真姫(にこちゃんのこと・・。ばれて以来。私はパパにずっと監視させられ、出歩くときもガードマン、携帯は取り上げられ、電話機能のみの携帯持たされてる・・・。)

真姫(おまけに、変ないいなづけとつきあわされてる・・・。こんなこと、いいわけないじゃない・・。にこちゃんを返して・・。)

続く
PR