忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

にこにーストーリー 第十一章

第十一章 新たな生活

新百合ヶ丘駅

にこ「ええと・・、ここで待っててねか・・。」

虎太郎「ねーちゃんおなか空いた~」

にこ「我慢しなさい。」

ここな「にこねーたん私も腹減った~」

にこ「あーもう!。穂乃果早く来なさいよね!」



そしてしばらくして

穂乃果「お待たせーっ・・。」

にこ「もおっ!。あんた何分遅れてるのよ!」

穂乃果「えへへ・・。ごめんねにこちゃん・・。」

にこ「全く・・。」

穂乃果「二人とも大きくなったねぇ~。私のこと覚えてるかな?。」

虎太郎「・・は、はい・・。」

虎太郎(この人すごい美人だなぁ・・。)

ここな「ねーたんこのかわいいおねいたんダァレ?」

穂乃果「あちゃー、覚えてないか。私は穂乃果って言うの♪。よろしくね」

ここな「よろしくー。私矢澤ここなっていうのーっ!」

にこ「はい、ちゃんと挨拶できてえらいわね。」

穂乃果「じゃあ、早速だけど、そこで朝ご飯食べようか?。食べてないでしょ?」

にこ「まぁ・・。でもあんまりお金ないし・・・」

穂乃果「いいよ。私が出すから。」

にこ「でもしばらくお邪魔するのに悪いし・・。」

穂乃果「いいのいいの。私たち仲間じゃん。」

ここな「やったー!、ごはん!。ごはん!」

虎太郎「あ・・。ありがとうございます」

にこ「そうね。お言葉に甘えようかしら。」

一方、ここあとこころは・・・。

多摩センター駅

こころ「改札口で雪穂さんが待ってるっていってたけど・・。」

ここあ「しっかし意外と都会だなぁ~。心配してたほど不便じゃなそうだな」

こころ「まぁ秋葉原が賑やかすぎるんだけど・・。」

雪穂「あっ、こころちゃんとここあちゃーん!」

こころ「あっ、雪穂さん。しばらくお世話になりますっ!」

ここあ「久しぶりだなー。」

雪穂「二人とも元気だね。じゃあ早速だけど、朝ご飯は食べた?」

こころ「それが、まだなんです。」

ここあ「ここあ腹減った~。」

雪穂「そうなんだ、じゃあ近くの○ックにでも・・。私の奢りだから。」

ここあ「やったぜーっ!」

こころ「いいんですか?。申し訳ないです・・。」

雪穂「いいよ、事情が事情だし・・。」

穂乃果 アパート

穂乃果「どうぞ上がって~。」

にこ「しばらく世話になるわね。」

ここな「わぁーい」

虎太郎「・・・。」

穂乃果「どうしたの虎太郎君。こっちきなよ♪」

虎太郎「はっ・・。はい!//」(カアアア

にこ「なーに赤くなっちゃってるのよ。ほら早く」

虎太郎「う、うるせーよ姉ちゃん・・。」

穂乃果「クスッ。可愛いっ」

雪穂 アパート

雪穂「ささ、何もないけど・・。上がって」

ここあ「おっ邪魔しマースっ!」

こころ「お、お世話になります・・。」

雪穂「狭いけどね・・。」

そしてテーブルの前に

こころ「そういえば雪穂さんはなんのお仕事なされているんですか?」

雪穂「ああ、○×商事のOLだよ。」

ここあ「すげーそれ超安定じゃーん。」

こころ「ホントにすごいです。でも大変じゃないですか通勤?」

雪穂「そうだねぇ・・。座れないし、遅いし・・・。ここに住んでるのは大学が近かったのとお父さん達がここの近くにいるからなんだけどね。」

ここあ「そうかー。あの和菓子屋さんのまんじゅう好きだったんだけどなぁ~。」

雪穂「ホントにみんなの期待に応えられなかったのは申し訳ないよ・・。私たちもお金稼いでがんばろうとはしたんだけど・・。」

こころ「仕方ないですよ。あの辺はいろいろ変わっちゃいましたし・・。」

雪穂「そうだねぇー。ところでにこさんは大丈夫なの?」

こころ「お姉様でしたら、結構あちこちに行って働いてましたけど・・。かえるときにいつも狙われて・・・。」

ここあ「ホントあの男許せないよ。何も悪くないのに・・。」

雪穂「酷い話だよね。でもあなたたちもこれからいろいろ大変かもしれないけど・・。」

こころ「わかってます。でもお姉様を思えば・・。しばらくの辛抱ですから。」

雪穂「早く解決するといいけど・・。」

そんなこんなで夜になった。

穂乃果 アパート

穂乃果「どう寝る?。布団二つと寝袋しかないんだけど・・。」

にこ「私寝袋でいいわ。虎太郎、あんたとここなで一つの布団使いなさい。」

虎太郎「・・わかったよ。」

穂乃果「いいよ。お客さんなんだし、布団使いなよ。」

にこ「でも、無理矢理来たわけだし・・。あんたも明日仕事でしょ・・。」

穂乃果「いいから。ねっ。」

にこ「わかった・・。」

雪穂 アパート

雪穂「布団二つしかないから、狭いよね・・。」

こころ「いえいえ、大丈夫ですよ。」

ここあ「くっついていた方が楽しいしな~。」

雪穂「ならいいけど・・。じゃあ消すね。」

二人「おやすみなさーい。」

こうして、みんなの生活が始まった

続く
PR