忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

ツバほのss after-story エピローグ

きづいたら、新年度が始まり、穂乃果は金沢支社勤務となった。なれないこともあったが、人柄からか、すぐになじむことが出来た。今までは電車を使って通勤していたのが、自転車による通勤となり、格段に快適になった。

金沢支社

穂乃果「はぁ~。疲れたなぁ。」

先輩1「穂乃果ちゃん、どや、金沢の生活は?」

どうやら大阪から来ている先輩のようだ

穂乃果「はい、だいぶなれました。東京より寒いですけど、でも食べ物はおいしいし、満員電車もないしで、過ごしやすいですよ。」

先輩1「そうかそうかー、わいも大阪からこっちへきとるんやけど、都会にはない優しさがあるでー。」

穂乃果「そうですねっ。私もそう思いますよ。」

先輩1「じゃあ、わいらと一緒にのみいこうや。今日は奢りやデー」

穂乃果「ホントですかっ!。やった~!。」

といった具合に、当初は不安だった金沢での生活も、すぐに慣れ、周りの人ともうまくやっている。



PR

ツバほのss after-story part20

金沢転勤を告げられた穂乃果、当初はツバサと別れることにタイする不安を抱えていたが、ツバサの助言で立ち直った。

そして、会社で穂乃果の送別会が開かれた。

幹事「それでは、高坂さんの門出を祝って、はい、かんぱーい。」

みんな「かんぱーいっ。」

穂乃果「みんなありがとう!!。」

同僚1「いやいや~。これからさみしくなるねー・・。」

同僚2「穂乃果といると、いつも楽しかったのに・・。」



ツバほのss after-story part19

注意、18歳未満の方には不適切な表現を含みます。お読みになる際は、自己責任でお願いいたします。

元々お花見をしていたところ

M「あっ、お待たせーっ。」

穂乃果「待ってたよMちゃーん!。」

T「とりあえずビールとお茶ですわ。」

ツバサ「ありがとね。」

穂乃果「やったーっ。ビールが飲めるよぉ~。」

M「さっき結構飲んでたじゃん・・。」

穂乃果「いいのいいのっ♪。ふはーっ。今日もビールはうまいっ!。」

T「いやー、実にいい飲みっぷりですわ。」



ツバほのss after-story part18

そして二人は場所を少し移し、人目のつきにくい場所へとやってきた・・。

ツバサ「穂乃果さんが金沢へ行ったら、あんまりこういうことも出来なくなってしまう・・。だから、思いで作りと、幸せのためによっ。」

穂乃果「・・・・。ぐすっ・・。」

ツバサ「ん?、何を泣いてるの?」

穂乃果「私・・、やっぱり離れたくないよぉ~~~・・。」