忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

ツバほのss after-story part17

小金井公園に桜を見に来ていた穂乃果とツバサ、それとMとTであったが・・。

穂乃果「ホント、きれいな桜だね」

ツバサ「そうね。でも、それよりもっとすてきな者があるわよ。」

穂乃果「えっ、なになに?」




ツバサ「穂乃果さんよ。桜の花びらでよりいっそう引き立ってるわ。」

穂乃果「!!・・もう~!!ツバサちゃんったらあ!!!」

ツバサ「かわいいわねそういうとこ」

M(やべえ・・。一緒に働いてる同僚をこんな目で見るのはどうかとは思うけどときめいた・・。)

T(ツバサさん・・。あなたにはホントに頭が上がらないですよ・・。)

穂乃果「あっ、ツバサちゃん、ちょっと話を聞いてくれる?」

ツバサ「なに?、穂乃果さん。」

穂乃果「ツバサちゃんは、私を初めて見た時、どう思ったの・・かな?」

ツバサ「・・うーん・・」

ツバサ(やばい・・・、ここで、可愛すぎるああ穂乃果さんに会いたいなんて思ってたとかいえない・・。)

ツバサ「とっても、元気で、すてきな子だなって、思ったわ。」

穂乃果「・・えへへ・・穂乃果うれしいなぁ・・///」

ツバサ(可愛すぎる・・、ああ抱きたい!!)

M「何なんだろうこの感じ・・。」

T「いやぁ、いい感じだなぁ。」

穂乃果「じゃあ・・。ツバサちゃんっ!!。あーんしてっ!」

ツバサ「ん?。あーん・・。」

パクッ

ツバサ「穂乃果さんに食べさせてもらったから・・。ほんとおいしいっ!!」

穂乃果「えへへ・・。ありがとう。」

ツバサ「そうだ、せっかくだし・・。T君っ。」

T「はい?」

ツバサ「はい、あーんして・・。」

T「・・えっ・・。ど、どういうことですかあ////」

穂乃果「そのままだよっ、ほらっ。Mちゃんもっ。はいっ、あーんして・・。」

M「・・なんだよ///。やぶから棒に・・///」

ツバサ「私たち、こういう機会殆どないでしょ。」

穂乃果「そうだよっ、それに、二人には感謝してるし・・。」

M&T「じゃあ・・。あーん・・。」

パクッ

M「なんだろうコノ感じ・・・。いいのかよこんな・・。」

T「おちょくるのもいい加減にしてくださいよ・・。」

二人「ふふふっ♪」

知り合い1「やあ・・。MさんとTさん。見たよ。」

4人「ファッ!!」

知り合い1「いやあ、こんなところでそんなおあついことなんかしちゃってー」

M「いや・・。これは・・違うんだっ!!」

T「そうだぞっ・・。だいたい勝手に見るなんて非常識だぞっ!!」

穂乃果「私たちお遊びでやったのに・・。」

ツバサ「感謝の気持ちなんだけど・・。」

知り合い1「うーん・・。ここまでやるってことは脈有りとみたね」

M&T「残念でした。」

穂乃果「ただの友達だよぉ・・。」

ツバサ「でも少しやり過ぎたわね・・。」

知り合い1「それにしてもお二人さんとてもすてきですねぇ。」

穂乃果「えっ・・///、そんなぁ・・///」

ツバサ「イヤだっ//。そんなこといってもなにもでないわよっ//」

穂乃果(やばい・・。ツバサちゃんのその顔ホントたまらない・・。)

ツバサ(キャアアア・・。穂乃果さん私どうすればいいのっ//。ああキスしたい・・。)

M&T(二人ともすごい顔だ・・。やばいこっちまで・・。)ゲフンゲフン

知り合い1「こいつら二人にはもったいないですよぉー。」

M&T(ああこいつさえいなければ・・・。)←怒

穂乃果「いやぁ・・。どうでしょう」デレデレ

ツバサ「もう・・。なんというか」デレデレ

知り合い1「じゃあ僕はおじゃまなようなのでこの辺で。」

穂乃果「さようならー。」

M「うぉい待てやっ!!。誤解だからなそれは!!!」

T「ちょっと話聞いてけっ!!」

知り合い1は去っていった

穂乃果「うふふっ・・。ツバサちゃん♪」

ツバサ「うふふっ・・。穂乃果さんっ♪」

M「ああ・・、コレは完全に誤解されたパターンだな」

T「そうだな・・。変な噂流れそうで・・。」

M「ただこんな状況だし・・。なかなか・・。」

T「ああ・・。でもいうしかない。信じてくれるかはわからんが。」

穂乃果「気にしなくていいじゃん友達なんだし」

M「いやまずいだろ・・。」

T「そもそも我々がここにいる地点でな・・。」

ツバサ「ごめんなさい・・。冗談のつもりだったのに・・。」

M「いや・・。いいんですよ。あいつにはどうにか言いますので。」

T「そうですね。」

ツバサ「ならよかったわ。そうだ、飲み物なくなったから買ってきてよ。」

M&T「はーい。」

二人は去っていった

ツバサ「・・。さて・・。誰もいなさそうな所へ・・。」

穂乃果「えっ・・。」

ツバサ「ひ・み・つな場所へ行きましょうか?」

穂乃果「!!??、もうっ、ツバサちゃんったらぁ~///恥ずかしいよぉ~。」

続く
PR