忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

帰ってきた女の子たちの大運動会 Part1


ある学校に集められた52人の女の子達。これから彼女に挑戦してもらうのはいわゆる運動会である。

女の子達が本気であつくなり、本気で楽しみ、本気で勝負する年に一度の祭典(らしい)

第二回目となる今回もふたつのチームに分かれて対決を行う。それぞれのキャプテンは白が烏丸先生で、赤が久世橋先生の担当となる。

なおチーム分けはくじ引きできまった。

ではそのチームを紹介しよう。






烏丸「とっても個性的な可愛い女の子がいっぱい集まってるわねっ」

久世橋「ふむふむ…体力バランス的に少し不安がありますね…」

というわけで早速行きましょう。

司会進行を勤める方よろしくお願いします。

コウ「はいっ!」

りん「ただいまより、イーグルジャンプ主催!女の子達の大運動会を開催します!」

ヒュー パンパンッ!(花火)

コウ「選手入場!まずは、烏丸組の入場です!」

りん「キャプテンの烏丸先生を先頭として、すてきな皆さんが入場してきました。弊社からは、篠田はじめさんをはじめとする3人が参加します!」

コウ「続いては、久世橋組の登場です!」

りん「キャプテンの久世橋先生を先頭に、皆さん輝いてる表情です!弊社からは、期待の新人!涼風青葉さんなど4人が参加します。両チームの皆さん、フェアプレーでがんばってください!」

りん「それでは、まず、選手宣誓です。代表者として、烏丸組は渡辺曜さん。久世橋組は秋山澪さんお願いします」

曜&澪「はいっ!」

曜「私は、浦の星女学院、水泳部にしてスクールアイドルAqoursでおなじみ!渡辺曜です!今日はバーッと晴れて、絶好の運動会日和!よーしっ!烏丸組のみんな―っ!全速全身!ヨーソロー!!」

他「シーン…」

千歌(私たちしかわかんないよぉ…)

花丸(やってしまったずら…)

曜「…へ?」

烏丸「渡辺さん、わかる人…いると思う?」

曜「…言われてみれば」

烏丸「でも、とっても元気ね♪その調子で」

曜「はいっ!」

りん「そ、それでは、秋山さんも、選手宣誓をお願いします」

澪「はっ…はい!」

梓(澪先輩ガタガタだ…)

久世橋(リラックス…リラックスです…)

澪「わっ…私は桜ヶ丘女子高等学校軽音部の…秋山澪でーすっ!今日は、久世橋先生と…皆さんと一緒に頑張りましょー!」ガタガタ

純「本当につらそう…」

綾「気持ちわかるわ…」

久世橋(まぁ…よしとしましょう…。)

コウ「よーしっ、みんなーがんばれよー!」

みんな「お、おーっ!」

こころ「それでは、次に準備体操をしましょう!」

そして準備体操が行われ、やがて最初のゲームに入る。

最初のゲームは、選抜300m走

ルールはそれぞれの組から6人選手が選定され、各組三人ずつ二レースをおこなう。

なおポイントは1位30から5ずつへっていき、6位は0となる。

まずは誰を出すか選抜する。

烏丸組

烏丸「さて、誰かはしりたい人いる?」

曜「ヨーソロー!」

カレン「はいっ!」

律「はいっ!」

他 シーン…

烏丸「じゃあ三人は決定ね。残りは…」

千歳「櫻子ちゃんがいいと思います!」

ゆん「はじめがいいわよねぇ~」

あおい「ひなたちゃんがいいんじゃ…」

ひなた「じゃあ走る!」

はじめ「わたしかよ…」

櫻子「前回も走ってるのに…」

という感じで、烏丸組は曜 カレン 律 櫻子 はじめ ひなたの6人に決定。

一方、久世橋組は・・・。

久世橋「どうでしょう、我こそはという人は…」

陽子「はーい、はいはーい!」

紬「走りたいわ~」

他 シーン…

久世橋「猪熊さんと琴吹さんだけですか…。なら、こちらで指名します、私の眼はごまかせませんよ」ギラーン

みんな(うう…怖い…)

久世橋「まず、船月さん」

結衣「またですか…やっぱり…」

ちなつ「結衣先輩の華麗なレースが見れる…ああ感激…」

久世橋「つづいて、鹿角理亜さん」

理亜「しょうがないわね。ここは全力で」

久世橋「それと…松浦さん」

果南「やっぱりそうくるわね」

ダイヤ「あなたならやってくれると信じてますわ」

久世橋「最後に…宇治松さん」

千夜「ええっ!」

シャロ「千夜が?どういうことですか?」

久世橋「あなたのここぞというときに発揮する力…見てみたいのです!」

というわけで、久世橋組は陽子、紬、結衣、理亜、果南、千夜に決まった。

続く
PR