忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

穂乃果「記憶喪失」 part1 (穂乃果誕生日記念ss)

今回のSSは穂乃果のバースデー記念ssです。

穂乃果の誕生日に完結する予定となっています。

ツバほの にこにーストーリーの世界観が基準です。

つまり以下の設定がございますので、公式とは異なる物も存在します。

・穂乃果達は社会人になっている。
・日本の景気は現状より悪い。
・穂むらがつぶれている。
・その他μ`sも暗い人生を送っている物もいる。
・ツバサは成城の高級住宅街に家があり、ある企業の社長の娘。
・穂乃果は都心を離れ郊外で一人暮らしをしている。

さらに

・鬱展開あり
・キャラ崩壊注意
・過激描写有り
・男が現れる

上記のことを不愉快と思う場合はお読みにならないことをお勧めします。



ある日のこと…

綺羅電機本社

ツバサ「じゃあ塩沢君、この企画書、訂正しといて。」

塩沢「はい、わかりました。」

ツバサ「頼むわね。さーて…」

ツバサ(もうすぐ穂乃果さんの誕生日ね…プレゼントも用意したし、穂乃果さんと誕生会開くって決めたし…うふふ♪楽しみね。)

ツバサ「……。」(ニヤニヤ)

T「ツバサ…さん?」

ツバサ「ひょ…ひょえっ!なっ…何よT君…」

T「えっ…あの…その…。今度のプロジェクトの件ですが…」

ツバサ「ああっ…そ、そうね。それは…」

ツバサ(やばい…仕事に集中しないと…。)

そのころ、穂乃果の会社

M「今日は外回りに行かなきゃいけないのに穂乃果まだ来てねぇ…」

穂乃果「はあーっ…、つ、ついた…。」(ハァ…ハァ…

M「あー遅いんだけど!早くしないとやばいぞ!」

穂乃果「ご、ごめん…Mちゃん…」

M「てかこんなことしてるばあいじゃねぇ…早く準備しないと…」

そうはいったものの…

M「ああーっ。資料がみつからねぇ…」

穂乃果「mちゃんなにやってるのーっ、遅れるよぉ~」

M「わかってるからだまってろよっ!」

穂乃果「はいはい…」

M「よしっ、みつかった!いくぞっ!」

しかし、結局打ち合わせに遅刻してしまい、上司にこっぴどくしかられることになってしまった…。

M「あーあ…最悪だよ…」

穂乃果「もおーっ…Mちゃんがちゃんと準備しないから…」

M「はあーっ!お前が遅刻するからだろうが!」

穂乃果「でも準備に手こずったのはMちゃんじゃん!」

M「お前が遅れたせいで俺の準備が遅れたんだよ!」

穂乃果「そんなの私がいなくても出来たでしょ!」

M「うるさいなぁ…こっちだって他にもやることあったんだよ!」

M(コピーとるの忘れてたのは内緒…。)

穂乃果「今さらっと話からそれたよね?」

M「しっ、しらねーよ…」

穂乃果「ほーらっ、Mちゃんが悪いんだからねっ!」(プンスカ

M「穂乃果が遅刻するからだ!」

穂乃果「違う!Mちゃんが悪いの!」

M「大体お前はいつもドジばっかして…」

穂乃果「そっ…そんなのMちゃんだってそうじゃん!」

M「ギクッ…。」

敷島「やあお二人さん、上司のお説教長かったな。」

M「だからなんだ!帰れ!」

穂乃果「そうだよ帰って!」

敷島「…ごめん。」

M「まったくお前はいつもバカなんだから…」

穂乃果「だれがバカだよ!最初にバカっていった方がバカなんだよ!Mちゃんのバーカ!」(ベー

M「ああああああああああっ!もうお前とは仕事しねぇ!」

穂乃果「こちらこそっ!もう口もきいてあげない!」

二人「ふんっ!」

その後、Mのデスク

M「あーいらいらするわぁー」(バクバク←ご飯食べてる

敷島「しかしすごい喧嘩だったね」

M「うるせーなぁ。むかつくモンはむかつくんだよ。」(バクバク

敷島「あーあ、そんなこといってー」

M「何の話だよ…」(バクバク

敷島「ああ、その、高坂さん」

M「その話はするな、気分悪い。」

敷島「あーあww」

敷島(高坂さん、きっと泣いてるだろうな。ということは僕が高坂さんを慰めれば、高坂さんが俺の胸に飛び込んでくるかもしれない)

敷島(よしっ。帰りがチャンスだな。そっと慰めよう!そして想いを伝えるんだ!)

夕刻、帰宅途中。

穂乃果(あーすごく気分悪いなぁ…。仕事全然うまくいかなかった…。)

穂乃果(それもこれも、Mちゃんがわるいんだよね。もうっ!絶対許さないんだから!)

穂乃果(そういえば、明日ツバサちゃんと会うんだっけ。よしっ、この話きいてもらって、慰めてもらおう)

そのときであった。

穂乃果「うっ。うわああああああああ!」

ドスーン!

穂乃果は転倒し、頭を打ってしまった。

通行人A「大丈夫ですかっ!」

穂乃果「いったったた…」

通行人A「おけがはありませんか?」

穂乃果「いえ…なんとか…」

通行人A「ならよかった。お気をつけて。」

穂乃果「ありがとう…ございます。」

穂乃果(さーて、帰ろう…あれ…?)

穂乃果(私の家…どこだっけ…?)

続く

PR