忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


曜「友達のことになると感情が抑えきれない」 part2

このパートからAqoursの時系列となります。今回は花丸ルビィが入ったくらいの時系列です。

文は曜ちゃんの視点で書いてます。お見苦しいところもあるかと思いますがそこはご承知ください。

わたしたちは浦の星女学院に入学した。

そして私は水泳部に入り数多くの大会で賞を取っていった。中学ので部活を辞めた後も、スポーツジムに通い水泳の特訓を続け、高校でさらにその腕に磨きをかけていった。

でも、千歌ちゃんは今まで通りのほほんと過ごしてるようであった。

私が何か勧めようとしても千歌ちゃんは聞く耳を持ってくれなかった。

しかし、ある出会いが、私たちを大きく変えていくことになったんだ。



PR

曜「友達のことを考えると感情が抑えきれない」 part1

まりんです。

久しぶりです。何か月ぶりだって話ですが、今流行りのサンシャインで一つssをかきました。

毎度おなじみ注意点です。

・鬱アリ
・キャラ崩壊

以上の点はご留意ください。

まず、part1で中学時代の話、それ以降はAqoursの時系列で話が進みます。




きんモザごちうさで格付け part13

もう何日たってんだって話ですが、ようやく続きをアップできました。今まで卒論やらなんやら忙しくて…。それがやっと落ち着いたので、再開します。

しんのすけ「どもどもー。普通のリゼさんにはフツーの紅茶とチョコビミニパックね。」

リゼ「ありがたくいただくよ・・・。」

しんのすけ「そして、二流の君たちはベビースターラーメンすこしと味が薄いお茶ね。」

マヤ「は、はあ・・・。」

カレン「物足りないデス・・・。」

しんのすけ「残しちゃダメだぞ。んで、お子様の君たち。これね。」

綾「え…、これ使い古しの紙コップじゃん。」

穂乃花「なにこれっ。ぼろぼろ…。」

千夜「なめられてる…。」

しんのすけ「くんで3日バケツにいれといた水だゾー。」

綾「え…、こんなののみたくない…。」

穂乃花「もうやだよこんなの…。」

そしてみなさんのチェックが始まる

きんモザごちうさで格付け part12

正解発表・・・。の前に、野原家のチェック

Aの絵画

ひろし「おーっ、味のある絵だな~。」

みさえ「森の妖精って感じね」

しんのすけ「なるほど、深い絵ですな。」

Bの絵画

ひろし「こっちは女の子二人か~。背景がしょぼいんだよなぁ」

みさえ「うまくかけてるけど、さっきの絵に比べてワンパターンね。」

しんのすけ「子供…つまんねー」