忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

ツバほのss after-story part10

注意。かなり不愉快な描写があります。お読みになる際は、自己責任でお願いいたします。





酔っ払い1「ふんっ、よーくみたらお前、なかなか可愛いじゃんか・・。」

酔っ払い2「おーっ、ホントだ、なかなかエッチな体つきじゃねぇか・・。んひひひひ」

穂乃果「え・・。ちょっ・・。」

酔っ払い1「ようし、これから俺たちとホテルへ行こう、徹底的にもんでやるからなうしししししwww」

穂乃果「やだ・・。助けて・・。」

酔っ払い2「助けなんてコネーよ。この辺はラブホ&風俗街なんだぜ」

酔っ払い1「俺にぶつかった罰としてずーっと俺たちと熱い夜を過ごしてもらうぜ!」

穂乃果「い・・嫌だ・・。」

酔っ払い1「あーっ、しつこいなぁ、そんなしつこい子にはこうしちゃうぞ・・。」(上半身に手を出す

穂乃果「やめてっ!。触らないで・・。」

酔っ払い2「よーし、俺様も行くかぁハァハァ」(下半身に手を出す

穂乃果「ううっ・・あっ・・ああああっ・・。」

酔っ払い1「おおっ・・。なかなかええ感じや・・。」

酔っ払い2「流石20くらいのピッチピチ女子や・・。」

志賀仁美「あなたたち!。何をやってる!!!」

穂乃果「・・・。あっ!」

二人の婦人警官が現れ、二人を捕まえる

門田剣「警察よ、これよりあなた二人を公的わいせつ罪の疑いで逮捕するわよ。」

志賀仁美「さあ、堪忍するんだな。」

酔っ払い1「うへ・・・。」

酔っ払い2「ああっ・・・。」

穂乃果「あ・・、ありがと。」

志賀仁美(どこかで見たことある顔だが、思い出せん・・。)

門田剣(あ、スクールアイドルだった人だ・・。)

穂乃果「本当にありがとうございます。怖かった・・。」

志賀仁美「とりあえず状況をおききします。」

穂乃果「えーっと・・・。」

そして、警察への事情聴衆も済み、解放された穂乃果は・・。

穂乃果「あーっ、すっかり深夜だし、電車もないよなぁ・・。」

門田剣「家までお送りしましょうか、差し支えなければ・・。」

穂乃果「えっ、いいんですか?、でも遠いし・・。」

門田剣「大丈夫ですよ。こちらの都合なんですし。」

穂乃果「あっ・・。ありがとうございます。」

こうして、穂乃果の長い一日は終わった。

穂乃果自宅

穂乃果(ああ・・。ホント怖かったなぁ・・。こんな時ツバサちゃんと会えたら、こんなモヤモヤ・・。)

穂乃果(いや、それももうじきなくなっちゃう・・。なんで異動とかになっちゃうの・・。)

異動の可能性を考えてなかったようである。全国どころか海外展開もしている企業であるのだが・・・。

穂乃果(確かに給料はいいよ。絵里ちゃんやにこちゃんも、ものすごいうらやましがってたし・・。)

穂乃果(穂むらが残ってれば、継いだのに・・・。なんで潰しちゃったの・・。)

穂乃果(とりあえず寝よう、明日も仕事だし・・・。)

そのとき、ある人物が動いていた

翌日

東京の矢澤家

こころ「今日が出発の日・・。お姉様、待っててくださいね」

ここあ「ねー、新宿何時のバスだっけ?」

こころ「22:50くらいだから、うちは21:30に出るよ。」

矢澤姉妹が姉にあうために高岡へ向かおうとしていた。

黒川の部屋

黒川「にしても矢澤さん、ああみえて28で喫煙者かよ・・。」

黒川「ナンパする相手間違えたな、俺はもっとピッチピチなのがいいんだよ・・。」

黒川「まっ、今は我慢するかーっ。すげー可愛いのは事実だし。」

黒川「今日も会いに行くゾー。」

もはや救いようのない女たらし・・。いやキチガイである。

にこの部屋

にこ(はーっ。何とか仕事が終わった・・。)

にこ(あたし・・、なんで男の人なんかとつきあっちゃったんだろ・・。)

にこ(私には、真姫ちゃんがいるのに・・。)

にこ(あのとき、卑怯な攻撃使ってこられたせいで勝手にああなっちゃったのよね・・。)

にこ(とにかく縁を切る口実を考えないと・・。)

にこ(あ・・、そういえば明日ここあとこころが来るんだった。)

にこ(部屋片付けないと・・。そしてゲストルームの申請を・・。)

続く
PR