忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

ツバほのss after-story part15

会社で書いていた色紙を穂乃果に渡すためにやってきたM。そこでツバサと出会い、会話をしていた・・。

M「いやぁー。いろんなところで驚きました・・。昨日あんなだったのに、こんなに早く回復するとは・・。」

穂乃果「ツバサちゃんのおかげで、モヤモヤがなくなったんだよ。それで、身も心も元気出てきたんだ。」

ツバサ「私はほんの少しアドバイスをしただけよ。穂乃果さんにはいろんな事に挑戦していいところを延ばしていってほしいってね。」

M「すげぇ・・。それだけで回復するとは・・。」

穂乃果「でも、もう少し早めに相談すれば、こんな事にはならなかったかもって後悔しているんだけど・・。」




ツバサ「そうね。体は大切にしないと・・。」

穂乃果「ごめんね・・。みんな。」

M「あんまきにするなよ。また悪くなっちゃうぞ」

そのとき

ことり「ちゅん♪」

絵里「穂乃果・・。」

希「やってきたでー。」

穂乃果「あっ、みんなー。」

ツバサ「いらっしゃい。」

M「・・・。」

絵里「あれ、なんで男性の方が・・」

希「あんた誰?」

ことり「あっ、久しぶりですっ」

M「ああ、そういえばあのときの・・。こちらこそ。」

絵里「えっ、ことりしってるの?」

ことり「穂乃果ちゃんと同じ会社の人だよっ♪」

M「そうです。会社の人がみんなで書いた色紙をわたしにココまでやってきました。Mです。」

絵里「こっ・・。こちらこそ、綾瀬絵里です。」

希「うちは東條希、高校の頃一緒の部活だったんよ。にしても穂乃果ちゃんはみんなに愛されてええなぁ」

ツバサ「ホントね。」

このへんでMはいったん出て行く。

ことり「穂乃果ちゃんには特別な力があるんだよっ。」

穂乃果「そっ・・。そんなぁ。」

絵里「それより穂乃果、具合どうなの?。吐いたなんてきいたからよっぽど酷いと思ってたんだけど・・。」

穂乃果「実は、金沢へ転勤になることで、ものすごく悩んでたんだ・・。それでストレス性の胃腸炎になって・・。でも、ツバサちゃんのおかげで、悩みなんてなくなったの、それで、体調も回復してきて、明日には退院できるって。」

絵里「そうだったの・・。穂乃果ってホント変わらないわね」

希「人間、出会いと別れがあって成長していけるものやで。これも一つの人生勉強だと思ってがんばりな。」

ことり「そうなんだ・・。穂乃果ちゃん寂しくないの?」

穂乃果「まぁ寂しいけど・・。でもがんばるって決意したから。それに、絆まで離ればなれになるわけじゃないんだし。」

ことり「そうだね。ことりも穂乃果ちゃんに会えなくて寂しいと思ってたんだ。」

穂乃果「うん。穂乃果もだよ。それと検査したら軽い胃炎が出来ていたくらいだし。もう大丈夫だから」

希「その軽い胃炎も、ほっとくと怖い病気になるもんよ。これからはもっと体を大事にしないと、ご飯をおいしく食べられなくなってしまうでー・・。」

穂乃果「ううっ・・。もっと大事にします。」

ことり「とにかく、元気そうで良かった」

絵里「ホントね」

穂乃果「みんな心配かけちゃってごめんね。わざわざ遠くから来てくれたのに・・。」

ことり「ううん、いいの。ことりは、穂乃果ちゃんが元気で可愛い穂乃果ちゃんでいることが、一番いいことなのっ。」

絵里「私も同感ね」

希「せやな。」

ツバサ「そうよ。」

穂乃果「ありがとう。みんなっ。」

M「・・。まだ皆さん盛り上がってるな。」

穂乃果「あ、Mちゃん帰ってきた。」

どうやら今まで他の人と連絡取っていたらしい。

M「おう、ちょっとTとな。」

ことり「Tって・・。綺羅電機のTちゃんのこと?」

M「そうだけど。」

ことり「ちょっと前に、あるプロジェクトでTちゃんと一緒に働いてたんだ。Tちゃんとても物知りで、ことりいろんな事教えてもらったのーっ。」

M「まっ・・、マジかい。どんだけTはこの人達とつながりあるんだか・・。」

ことり「あのときはパソコンで衣装をデザインすることが出来なかったんだけど、Tちゃんのおかげでできるようになったの。」

ツバサ「あのプロジェクト、うまく進んで良かったわね。私もあなたにとても感謝してるわ。」

ことり「あっ・・。ありがとうございます。」

M「俺はなぁ・・。地味なことばっかしてるから、あんまりそういうことが・・。」

ことり「なにいってるのっ。Mちゃんだって、こんな可愛い娘と一緒に働いてるじゃん♪」←穂乃果を指す

M「えっ・・。あの・・、その・・。」

皆「ハハハハハハww」

続く
PR