忍者ブログ

ssブログ

ラブライブとかいろんな作品のssをあげてくブログ

東京プリンセスアリスパーク 第一話 μ`s編

前回に引き続き(というかコレでしか書いてないな)ラブライブssです・・が、その後同じ世界観で、あるきらら作品のssにつながります。

今回は、廃園危機にあるテーマパークをμ`sの力を借りて盛り上げるという企画です。

ラブライブ編は大体5回程度を予定しています。

ただ、更新頻度が前回に比べて落ちると思われますのでその点はご了承ください。


第一話 μ`sの力がほしい。

支配人「どうしましょ・・このままじゃ、私たちの居場所が・・。」

そこは、東京都練馬区と、埼玉県新座市の挟間にある東京プリンセスアリスパーク。通称プリパーと呼ばれる遊園地である。

鶴瀬「そうですな。何せ自治体からの買収命令が下されるのも時間の問題ですから。」

この遊園地は開園から10年たつが、客は減る一方で、設備の縮小などが進んでいる。一日の平均来園者数はぎりぎり4桁行くかどうかというレベルにまで達し、もはや救いようがない。

支配人「鶴瀬君、どうか阻止する方法はないのかね・・。」

鶴瀬「うーん・・。アイドルでも呼べれば・・。」

支配人「そんなお金はないよ・・。」

鶴瀬「ふふふ、それが、あるんですよ。これですわ。」

支配人「ほほう、スクールアイドル、μ`sか。」

鶴瀬「実は、ここの理事長さんと知り合いでして・・。しかも、スクールアイドルですから予算はかからないと思われます。なおかつ大会で優勝してますので、集客は見込めるでしょう。」

支配人「なるほど・・。やってみる価値はありそうだ。では、早速呼ぼう。」

その日、鶴瀬は理事長に連絡を取り、理事長の許可は出たようだ。

次の日、理事長はアイドル部のメンバーを呼び、協力を依頼する。

理事長「そういうことだから、頼むわね。」

みんな「わかりましたっ!」

理事長室を出る。

穂乃果「東京プリンセスアリスパーク?」

ことり「そういえば小さい頃行ったような・・・。」

海未「全く存じなかったのですが。」

花陽「大体私たちそう長くは活動できませんし・・。」

真姫「でも、命令だから、仕方ないんじゃないの?」

凛「凛は、遊園地だいすきにゃ~」

絵里「私たちはどうなるのよ・・。」

にこ「もう卒業なのよ。」

希「そうやねぇ。そう活動しろと言われてもなぁ」

穂乃果「でも、やらないと。行動あるのみだよ!」

というわけで、μ`sのメンバーはその週の日曜日、東京プリンセスアリスパークに向かうのであった。

御茶ノ水駅

穂乃果「みんな、吉祥寺というところで降りるからね~。」

絵里「埼玉の方だというのに、なぜ吉祥寺なのかしら・・。」

にこ「さらにそこからバスで40分ってどんなところなのよ・・。」

ことり「でも、おしゃれな街だし・・。」

海未「まぁ、とにかく電車が来るので行きましょう。」

そして、電車に乗る。

穂乃果「どんな遊園地かなぁ~。」

凛「楽しみだニャー」

真姫「一体どんな遊園地なのよ・・。ホームページわかりにくかったし・・。」

花陽「穂乃果ちゃんに任せちゃったけど・・。大丈夫なのかなぁ・・。」

海未「私がやるってききませんでしたので・・。」

ことり「でも、きっと大丈夫だよ。私たちなら・・」

希「せやろか。ウチの予感だとアカン感じが・・・。」

次は 三鷹 三鷹です。お出口は、左側です。武蔵境 東小金井・・。

にこ「本当に、大丈夫かしら。」

絵里「なんか、電車が速く感じるんだけど・・・。」

続く
PR